Google Meet HIPAA準拠だと思いますか?

GoogleはHIPAAの苦情に対応していますか?ヘルスケアセクターに関与している場合、またはHIPAAの対象である場合は、使用しているアプリのHIPAAコンプライアンスについて知ることができます。ただし、実際にはGoogle Meet HIPAAに準拠しており、実際、GSuite全体が準拠しています。これには、Googleチャット、Googleドキュメント、Google Meet、Googleカレンダーなど、多くの重要なアプリが含まれています。

要件

ただし、Google MeetはHIPAAに準拠しているため、その状態を維持するために従う必要のあるルールがいくつかあります。最初に、あなたは購読したい Google G Suite また、プレミアムアカウントに関連してGoogleMeetを使用してください。 GoogleMeetの無料バージョンがHIPAAに準拠していないことを確認してください。

第二に、患者のPHIを確保し、説明責任法と健康保険の移植性を遵守したい場合。 Googleとビジネスアソシエイト契約を結ぶことを忘れないでください。

BAAを受け取る方法:

BAAを十分に確認し、内容に同意する場合は、それを受け入れてください。あなたがする必要があるのは、あなたがあなたの会社または企業が使用しているGスイートアカウント管理者であるかどうかだけです。 BAAの受け取り方法を確認しましょう。

すべてのユーザーからのプロセスを表示する
ステップ1:

最初に、Googleにログインします 管理コンソール

ステップ2:

会社概要を選択してください。

Primewirekodiが機能しない
ステップ3:

次に、[もっと見る]をクリックし、続いて[コンプライアンス]または[法務]をクリックします。

ステップ4:

HIPAABAAに関連する[レビューして承認]ボタンを選択します。

ステップ5:

次に、画面に表示されている質問に答えます。次に、BAAを受け入れます。また、HIPAAの対象となる事業体の場合は、さらに進んでください。

G SuiteHIPAAコンプライアンスのヒント

前のセクションのすべての要件を満たし、それに応じてすべてを完了した場合でも、実行したい対策があります。次に、GSuiteのどの部分がHIPAAに準拠しているかを覚えておく必要があります。

グーグル:

ルートギャラクシーs65.1.1ベライゾン
  • Meet(以前のハングアウトMeet)
  • ドライブ(ドキュメント、スプレッドシート、フォーム、スライド)
  • Gmail
  • サイト
  • 保つ
  • カレンダー
  • クラウド検索

これらは完全にカバーされているいくつかのアプリです。一部対象となるアプリには、HIPAA準拠のテキストチャットを備えたGoogleハングアウトや、ユーザーを管理するためのGoogleVoiceなどがあります。 HIPAAコンプライアンスについて詳しく知りたい場合は、 このドキュメント

公式には、これはGoogleが提供するHIPAA実装の記事です。注意深く読んで、従業員に送ってください。したがって、誰もが正しい道を進んでいます。ただし、BAAに署名し、HIPAA準拠のアプリのみを使用すると、作業の半分が機能します。

PHIを常に安全に保つことを忘れないでください。 2FAと強力なパスワードを使用し、従業員に提供する権限を管理します。また、間違いが発生する可能性があるため、警戒を怠って満足することはありません。

Gスイートを最大限に活用する

GoogleMeetによってオンにされたビデオ会議ではなく。 G また、他の多くのHIPAA対象ツールも提供します。また、ビデオ、VOIP、またはメッセージ機能を使用しないことを忘れないように、Googleハングアウトでテキストメッセージを受信しました。

Google Keepは、外出先でフレットなしでインスタントメモを作成するためにあります。 Gmailは間違いなく最高のメールクライアントですが、GSuiteバージョンも無料のものよりも改善されています。 G Suiteを使用すると、最大30GBの追加ストレージを簡単に取得できます。また、このバージョンのGmailは完全に広告なしです。

Googleカレンダーは、チームとの会議のスケジュールを明確にするために、GoogleMeetとの最適な組み合わせです。 Googleドライブは、HIPAAの不満でもあり、多くのデバイスのすべての種類のファイルに最適なストレージです。次に、Googleドキュメントを使用してすべてのファイルを編集および表示できます。

リストは非常に大きいですが、要するにG Suiteはパッケージ取引であり、HIPAAの対象エンティティである場合は、それを最大限に活用できます。

HIPAA苦情会議

ただし、GoogleMeetを使用したオンラインのビデオ会議は驚くほど重要です。特に、従業員、患者、または顧客から身体的に無関心で使用している場合。 HIPAAの対象となるエンティティの場合、サービスが完全に対象となり、PHIを保護することが最善の選択です。

結論:

Google MeetHIPAAの苦情についてのすべてです。 G Suiteは、すべてが連携して動作するように構築された一連のすばらしいアプリも提供します。あなたはどちらが好きですか?以下のコメントセクションであなたの考えを教えてください。

ネクサス5のROM

また読む: