Windows10でLANに接続しているときにWiFiをオフにする方法

Windows 10でLANに接続しているときにWiFiをオフにしようとしたことがありますか? Windows10マシンでWiFiと有線ネットワークの両方を接続するだけです。 Windows 10は、速度が速く、接続の信頼性が高いため、状況によってはインターネット経由のLAN接続を優先します。両方を同時に接続しても、速度の面でメリットはありません。また、2つの接続で高速Wi-Fiを利用することはできません。 PCは、1つの接続とそれが提供する速度を使用するだけです。

両方の接続を同時に有効にすることの利点の1つは、一方が失敗した場合です。また、もう一方に切り替えます。トラフィックに干渉がないことを保証することはできませんが、トラフィックからすぐに復元するだけです。

LAN接続時にWiFiをオフにする

Windows 10には、LANに接続しているときにWiFiをオフにする手順が組み込まれています。簡単にアクセスできないため、機能が存在するときにそれを知らない人もいます。

ネットワークアダプタの設定を変更する

LANに接続しているときにWiFiをオフにしたい場合は、ネットワークアダプターの設定を変更するだけです。

ステップ1:

あなたがいることを忘れないでください WiFiネットワークに接続されています

ステップ2:

ファイルエクスプローラーに移動します ロケーションバーに次のように入力して、[Enter]をクリックします。

Control PanelNetwork and InternetNetwork and Sharing Center
ステップ3:

WiFi接続をタップします

ステップ4:

窓が開いたとき [プロパティ]をタップします [アクティビティ]セクションの下。

ステップ5:

タップ 構成、設定

ステップ6:

に移動します 高度な タブ。

ステップ7:

プロパティのリストを移動して、「 有線接続時に無効になります '。

ステップ8:

それを選択し、を開きます 値のドロップダウン 右側に。に設定します オン

ステップ9:

次に、Windows10マシンを再起動します

LANの優先順位を設定する

[有線接続時に無効にする]オプションがない場合は、代わりに次のことを試すことができます。

ステップ1:

に向かいます デバイスマネージャ

ステップ2:

今すぐ展開します ネットワークアダプタ

ステップ3:

の表示 ネットワークコントローラー 。 Realtekコントローラーのような名前か同じ名前である可能性があります。わからない場合は、以下の選択肢を検索するまで、すべてのデバイスを一覧表示してください。

ステップ4:

右タップ それ、そして選択 プロパティ

ステップ5:

に移動します 詳細設定タブ と表示 優先度とVLAN そしてそれを選択します。

ステップ6:

値のドロップダウンに移動して、 有効なオプション

ステップ7:

PCを再起動します。

LAN上のWiFiを切断します– パワーシェル

上記の選択肢が原因で機能しない可能性があります 有線接続時に無効にする 選択肢がリストされていない可能性があります。そのような状況では、PowerShellからLANに接続しているときにWiFiをオンに設定するだけです。

ステップ1:

に向かいます 管理者権限を持つPowerShell

ステップ2:

このスクリプトをインストールします。それを抽出します。その中に2つのファイルがあります。

ステップ3:

PowerShellで次のコマンドを実行して スクリプトの実行を有効にする

Set-ExecutionPolicy RemoteSigned
ステップ4:

次のコマンドを使用して、 抽出したフォルダに移動します (PC上のフォルダーのパスを変更します)。

cd C:UsersfatiwDesktopWLANManager
ステップ5:

スクリプトを追加します 次のコマンドを使用してPCに接続します。

.WLANManager.ps1 -Install:System
ステップ6:

スクリプトを実行したら、 タスクスケジューラに移動します 、という名前のタスクのビュー WLANマネージャータスク

ステップ7:

システムを再起動します。

スクリプトの削除

このスクリプトは後で削除することをお勧めします。タスクスケジューラからWLANManagerタスクを削除してから、コンピューターを再起動するだけです。 WiFiの選択肢がPCから消えた場合。次に、デバイスマネージャーに移動し、[ネットワークアダプター]の下にオフになっているデバイスを表示します。デバイスの電源をオンまたはオフにすると、WiFiが元に戻ります。

これを削除する別の方法は、管理者権限でPowerShellを開き、次のコマンドを実行することです。

。 WLANManager.ps1 Remove:System

LAN上のWiFiをGroupPolicyから切断します

また、GroupPolicyから有線接続に接続すると、インターネットが自動的にオフになるように設定できます。ただし、GroupPolicyはWindows 10 Professionalでのみ使用でき、Homeエディションでは使用できません。 GroupPolicyをインストールすることもできますが、うまく機能しない可能性があります。

ステップ1:

クリック Win + R 開くだけのキーボードショートカット ランボックス

ステップ2:

以下を入力して、Enterをクリックします。

gpedit. msc
ステップ3:

次のポリシーグループに移動します。

[コンピューターの構成]> [ポリシー]> [管理用テンプレート]> [ネットワーク]> [Windows接続マネージャー]

ステップ4:

として知られているポリシーを表示します ドメイン認証済みネットワークに接続している場合、非ドメインネットワークへの接続を禁止する 。それをオン。

接続優先度を設定する

うまくいく方法がない場合、または簡単なものを探している場合。 Windows 10マシンで接続の優先順位を設定し、両方が利用可能な場合はインターネット経由のLAN接続を優先するだけです。

ステップ1:

という名前のアプリをインストールします 有線WiFiスイッチャー

ステップ2:

インストールしたら、アプリを実行し、インストール中に、 LANアダプタを選択してください ワイヤレスアダプタよりも優先されます。

ステップ3:

これでインストールが完了し、 PCを再起動します

結論:

WiFiの管理は非常に簡単ですが、複数のネットワークを管理するとします。また、ネットワークの種類は、ワイヤレスと有線など、まったく異なります。ただし、Windows10にはユーザーフレンドリーな選択肢があまりありません。 PCごとに構成が異なることを確認してください。あるPCで機能するものが別のPCでは機能しない可能性があるため、いくつかの異なる修正を試すことができます。他のすべてが失敗した場合は、PCを壊すことなく、WiFiよりもLANの優先順位を指定するだけです。一方、Windows 10のアクションセンターには非常に簡単にアクセスできるトグルがあり、WiFiを有効または無効にできます。

Windows 10でLANに接続しているときにWiFiをオフにする方法について説明します。Windows10でLANに接続しているときにWiFiを無効にしているときに問題が発生したことはありますか?この記事でカバーできない他のトリックを見つけましたか?下のコメント欄であなたの考えを教えてください!

それまで!安全を確保する🥰

また読む:

1チャンネルコディとは