スタックオンユーザープロファイルサービスをお待ちください-修正

ユーザープロファイルサービスをお待ちください

この記事では、Windows Serverでの関連性の高い問題について説明します。そうしないと、WindowsServerでも問題が発生する可能性があります。 ウィンドウズ 10.プロファイルをロードするとき、Windowsは基本的に基本的なバックグラウンドサービスにも接続することは誰もが知っています。これらのサービスは基本的に、サインインプロセスをスムーズに完了するためにWindowsを支援します。この記事では、スタックオンユーザープロファイルサービスをお待ちください–修正について説明します。さぁ、始めよう!

アバスト100%のディスク使用量

ただし、ほとんどの場合、これらのバックグラウンドサービスも失敗する可能性があり、ウェルカム画面に次のメッセージが表示される場合があります。

ユーザープロファイルサービスをお待ちください

スタックオンユーザープロファイルサービスをお待ちください–修正

マイクロソフトによれば、これは基本的に既知の予想される問題でもあります。これは主に、資格情報マネージャー間のデッドロックが原因で発生します。また、実際にはリダイレクター(RDR)とデータ保護API(DPAPI)もあります。

Microsoftは基本的に、これの作成に関係する可能性のあるいくつかの重要な要素を想定しています。たとえば、ユーザープロファイルサービスの問題が発生するまでお待ちください。

  • クライアント向けの場合、ホームフォルダが\ homefolders usersなどの分散ファイルシステム(DFS)パスにマップされています。
  • または、クライアントが展開されている場合は、デフォルトの関連付け構成ファイルを設定します。ファイルの関連付けのグループポリシーオブジェクトを実際に設定します。
  • また、クライアントに、DFSパス内のフォルダーをマップするドライブマップのグループポリシー設定がある場合。 \ drive1など。

したがって、システムに有効な条件のいずれかが適用されている場合は、問題が発生している可能性があります。このMicrosoftサポート記事を確認できます。そして、そこに提供されているアップデートパッケージもダウンロードします。ただし、この記事の執筆時点では、Windows Server 2016または2019についても、実際にはまだ利用可能な更新パッケージがないことに注意してください。これらのサーバーエディションでは、セーフモードで起動できます。また、上記の情報に基づいて設定を調整してください。そのため、その問題も防ぐことができます。そして、通常モードに戻って通常どおりログインすることもできます。

結論

さて、それはすべての人々でした!このような皆さんがユーザープロファイルサービスの記事を待って、それがあなたに役立つことを見つけてください。それについてのフィードバックをお寄せください。また、この記事に関連する質問や問題がある場合もあります。次に、下のコメントセクションでお知らせください。間もなくご連絡いたします。

すてきな一日を!

参照: CMDからBitLocker回復キーを取得する方法

誰かが電話番号でsnapchatに私を追加しました