チュートリアル:Windows10でキーボードマクロを設定する

Windows 10でキーボードマクロを設定しますか?キーボードマクロは、通常の長い方法に従わずにPCリソースにすぐにアクセスしたい場合に非常に便利です。 Windows 10を使用していて、マルチボタンマウスまたはタッチスクリーンPCにアクセスできない場合。次に、それが重複し、時間がかかり、一般的に使用されるアプリを開いたり、コマンドのセットを共有したりしようとしていることに気付くでしょう。この状況では、キーボードマクロが役に立ちます。

キーボードマクロについて何を知っていますか?

大きい は、特定のタスクの実行を目的とした一連のステップに広がる単一のコマンドです。したがって、キーボードマクロは、PCで特定のタスクを実行するために入力される、キーボードショートカット内のコマンドのシーケンスまたは順序です。 Windows10の「コピー」コマンドがCTRL + C、CTRL + Vで「貼り付け」のようなものであるように、元に戻す場合はCTRL + Zを使用します。したがって、キーボードマクロを使用すると、さまざまなWindows10で時間とエネルギーを節約できます。エクスプロイト。

たとえば、同じ単語でメールを始めたい場合、キーボードマクロを組み込むと、必要なときにいつでも入力せずにそのフレーズや単語をすぐに入力できます。

Windows10でのキーボードマクロの利点

Windows10のキーボードマクロ

キーボードマクロは、キーボードの使用効率を高めた後、生産性を向上させることができます。彼らはこれを次のように達成します。

  • 時間を節約 キーの組み合わせにマッピングするキーボードマクロは、マクロを実行するたびに時間を大幅に節約します。また、以前は時間がかかっていたものを達成するために、ほんの一瞬かかることもあります。
  • 精度を上げる 。マクロを完全に設定した瞬間に、マクロが毎回同じように実行されるため、欠落やタイプミスなどのデータ管理の不具合が発生します。また、冗長性がなくなり、非日常的な操作に集中する時間が増えます。

デフォルトのWindows10マクロレコーダーがあると思いましたか?

最近、Windows 10にはマクロ記録用の組み込みアプリがありません。また、さまざまなマクロの編集、記録、共有に役立つサードパーティのキーボードマクロレコーダーはほとんどありません。

キーボードマクロを設定する手順

キーボードマクロ

Windows10でマクロを作成する方法を確認しましょう。

根ざしたアンドロイド電話のトリック

ステップ1:

開始する場合は、マクロを作成するアプリのキーボードショートカットを作成するだけです。通常、これは使用するアプリであり、スタートメニューまたはタスクバーに固定できます。

ステップ2:

管理者としてコマンドプロンプトを実行し、引用符で囲まれた特定のコンテンツをCtrl + Vで実行するだけです。 エクスプローラーシェル:AppsFolder 新しいウィンドウが開き、Windows 10PC上のすべてのアプリが表示されます。

ステップ3:

次に、好みのアプリを追加します。それを右タップして、「 ショートカットを作成する ‘オプション。

ステップ4:

その後、現在の場所に新しいショートカットを作成できないという通知が届きます。代わりに、デスクトップにショートカットを配置するかどうかを尋ねられます。 ‘をタップするだけです はい ‘。これにより、デスクトップにショートカットが作成されます。

ステップ5:

ここで、デスクトップに移動してショートカットを追加する必要があります。それを右タップして、「 プロパティ ‘オプション。

ステップ6:

アプリのプロパティポップアップから「」をタップします ショートカット ‘とショートカットキーの組み合わせを説明します。ただし、これはCtrl + Altで始まります。 3番目の文字を確認したい場合は、キーボードでそれを押してください。この例では、文字Lを入力します。完了したら、「」をタップするだけです。 適用する ‘次に‘ OK ‘。

選択したアプリのキーボードマクロが正常に構成されました。セットキーの組み合わせを押すだけで、アプリがすぐに開きます。

ホットキーを作成する手順

ホットキーは、1回のキー押下でアクション指定のPCコマンドを呼び出すために使用されます。 Windows 10では、特定のキーボードキーコマンドを割り当てて、それらをホットキーにすることができます。これらのホットキーを使用して、さまざまなコマンド、ショートカット、またはMicrosoftキーボードセンターやマウスの機能にアクセスして、作業スタイルをさらに強化することもできます。

Windows10でホットキーを作成する方法を見てみましょう。

ステップ1:

最初に、Microsoftキーボードセンターまたはマウスをインストールまたはダウンロードします

ステップ2:

次に、設定したいキーボードをホットキーで接続します

ステップ3:

次に、Windowsの[スタート]ボタンを押して、[ Microsoft Mouse and Keyboard Center ’

ステップ4:

[ホットキー]タブを使用して、[新しいホットキーを作成/追加]をタップします。次に、リストから既存のホットキーに移動して、別の機能を再割り当てできます。

ステップ5:

ホットキーを作成するキーを選択してください

ステップ6:

コマンドリストから、新しいホットキーのコマンドを選択します。

ステップ7:

[OK]をタップしてホットキーを作成します。

ハードウェアまたはソフトウェアのキーボードマクロの作成

キーボードマクロの作成中に、ハードウェアの方法を移動するか、ソフトウェアのルートを選択できます。

ハードウェア用のキーボードマクロ

一部のキーボードにはマクロを記録および保存する機能やオンボードメモリがないため、選択したキーボードのみがハードウェアマクロをサポートします。ただし、ハードウェアマクロをサポートするキーボードを使用すると、専用のマクロキーを持つものもあります。単一のキーは、キーの組み合わせの場所でマクロ機能に割り当てられます。

オンボードマクロ記録を使用するキーボードは、Webページまたはパッケージボックスにこの情報を表示できます。 キーボード上にキーボードマクロを作成する利点は次のとおりです。

  • マクロはキーボードに保存されるため、追加のセットアップやソフトウェアは必要ありません。むしろ、2つに互換性があるときはいつでも、任意のPCを使用してマクロがロードされたキーボードを簡単に使用できます。
  • ハードウェアで記録されたキーボードマクロは、ソフトウェアで記録されたキーボードマクロよりも信頼性が高く、効率的です。ソフトウェアで記録されたキーボードマクロは、ソフトウェアの不具合の影響を受けやすいためです。

ハードウェア用のキーボードマクロは、ライフスタイルがより優れた移植性、セットアップだけ、そして非常に単純なマクロを叫ぶPCゲーマーにも好まれています。

ソフトウェアのキーボードマクロ

ただし、ソフトウェアマクロもPCプログラムを介して記録され、ファイルに保存されます。 AutoHotkey またはTinyTaskは、今日の有名なマクロ記録ソフトウェアの1つです。

ソフトウェアで記録されたキーボードマクロにリンクされている特典には、次のものがあります。

  • ソフトウェアマクロには、それを同僚と共有する機能があります。 PCに同じマクロソフトウェアがインストールされている場合は、ソフトウェアキーボードマクロを小さなファイルとして共有することもできます。
  • とても使いやすいです。ソフトウェアで記録されたマクロの手続き型パフォーマンスのGUIまたはテキストスクリプトを使用して、マクロを編集、表示、およびカスタマイズして、最適なパフォーマンスを実現できます。

結論:

結論として、キーボードマクロは、キーボードパフォーマンスを最適化するだけでなく、Windows 10での生産性も向上させます。また、PCにインストールするソフトウェアは、アプリ内操作のために特定のキーボードマクロを悪用する可能性もあります。また、毎回さまざまなキーボードマクロの組み合わせを使用することを保証することは困難です。ただし、Windows 10がキーボードマクロの競合を通知できない場合、これは非常に難しい場合があります。

また読む: